ウィリアムヒルスポーツカジノの宝くじで遊んでみよう2

「ウィリアムヒルスポーツカジノの宝くじで遊んでみよう?」では49’s6ボールと49’s7ボールを詳しくご説明したので、今回はアイルランドのロト6ボールとロト7ボール、ニューヨークのロト6ボールとロト7ボールについてご説明したいと思います。

1.アイルランドのロト6ボールとロト7ボール
ロト6ボールとロト7ボールは、アイルランドで公的に運営されている宝くじです。
ロト6ボールは6個の数字が抽選され、ロト7ボールは7個の数字が抽選されるものであり、1から47までの数字の中から選んだ5つの数字と、抽選の数字の数が一致するほど賞金は高くなっていき、最大配当は賭け金の約15万倍にもなります。
これは49’s6ボールの約16万倍の次に並ぶ高額配当ですが、49’s6ボールは1から49までの数字から5つの数字を選ぶことから、全体の数が2つ少ないアイルランドの方が当選確率は高くなっています。
従って、できる限り当選確率を上げるかつ高額配当をゲットしたいなら、ロト6ボールを選ぶことは大いにありだと思います。
配当はロト6ボールとロト7ボールで違いがあり、ロト6ボールの方が全体的に高く設定されています。

・当選した番号が1つの場合、ロト6ボールは7倍、ロト7ボールは6倍
・当選した番号が2つの場合、ロト6ボールは56倍、ロト7ボールは39倍
・当選した番号が3つの場合、ロト6ボールは611倍、ロト7ボールは331倍
・当選した番号が4つの場合、ロト6ボールは8,001倍、ロト7ボールは4,001倍
・当選した番号が5つの場合、ロト6ボールは150,001倍、ロト7ボールは40.001倍

どちらも当選した番号が3つになったあたりから一気に配当が高くなっていますが、ロト6ボールは特に上昇率が大きくなっています。
これは、ロト6ボールの方がロト7ボールよりも当選確率が低いためです。
従って、最大配当である約15万倍を狙うならロト6ボール、できる限り当選確率を高めたいならロト7ボールという選び方があります。

2.ニューヨークのロト6ボールとロト7ボール
ニューヨークのロト6ボールとロト7ボールは、ニューヨーク州が運営している宝くじです。
ロト6ボールは6個の数字から抽選され、ロト7ボールは7個の数字から抽選されるようになっており、1から59までの数字から選んだ5つの数字と抽選の数字が一致するほど高額配当となっており、最大配当は約15万倍とアイルランドの宝くじと同じようになっています。
ニューヨークの宝くじは59個の数字から選択することから、47個の数字から選択するアイルランドの宝くじよりも当選確率は低くなります。
しかし、1個から4個までの配当額はアイルランドよりも断然高いため、チャレンジする価値はあると考えられます。
ちなみに、ニューヨークの宝くじの配当は次の通りです。

・当選した番号が1つの場合、ロト6ボールは8倍、ロト7ボールは7倍
・当選した番号が2つの場合、ロト6ボールは86倍、ロト7ボールは56倍
・当選した番号が3つの場合、ロト6ボールは1251倍、ロト7ボールは601倍
・当選した番号が4つの場合、ロト6ボールは17,001倍、ロト7ボールは7,501倍
・当選した番号が5つの場合、ロト6ボールは150,001倍、ロト7ボールは75.001倍

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。