バカラ攻略法~プロのギャンブラーも使用する方法1(経験者向け)

「(初心者向け)プロのギャンブラーも使用するバカラの攻略法」という記事でご紹介した攻略法は初級レベルではありますが、どれも使いこなすことができれば効果を得られるものです。
また、複数の初心者向けの攻略法を覚えたら、ステップアップとして経験者向けの攻略法にも挑戦すると、さらに戦略の幅が広がり、カジノゲームで稼ぐチャンスを増やすことにもつながります。
そこで今回は、プロのギャンブラーも使用している経験者向けのバカラ攻略法をご紹介します。経験者向けというだけあって、初心者向けよりもいくらか難易度は上がりますが、使いこなせるようになれば強力な武器になるはずです。
それではさっそく、連勝している時に使うことができる攻略法から解説します。

1.オスカーズグラインド法
オスカーズグラインド法は、あらかじめ決めておいた1単位の金額をベットする投資法です。ベットする金額は勝った時だけ1単位ずつ上乗せしていくので、比較的ローリスク・ローリターンの投資法であるとされています。
ゲームプレイでは、次の手順を踏んで使います。

・1単位の金額を決めて、それを1回目の賭け額としてベットする。
・連勝した時は、さらに1単位の金額を上乗せしてベットする。
・負けた時は、今までの賭け金をリセットし、1単位の金額からベットする。
・損益がプラマイゼロ、またはプラスになった時点で1セットを終了します。
・以上の手順を繰り返します。

では、ここからは勝率が1/2、配当倍率が1倍のゲームでプレイすると仮定して具体的な使い方を解説していきます。
最初に、1単位の金額を決めます。10ドルや20ドルなどの数字の方が分かりやすいので、ここでは1単位を10ドルに設定し、1ゲーム目に1単位分をベットします。
勝った場合は、10ドルの利益なので1セット目を終了します。そして次のゲームも1単位分の10ドルをベットします。
2ゲーム目も勝った場合は、損益がプラス10ドルなので、2セット目も終了します。
次の3セット目で3ゲーム目と4ゲーム目が負けた場合は賭け金は10ドルのままですが、5ゲーム目で勝った場合は連勝時にベット額を1単位上乗せするというルールに従って、6ゲーム目のベット額を20ドルにします。
文章で説明すると少々複雑にみえるかもしれませんが、実際に使ってみるとすぐに慣れると思います。
オスカーズグラインド法は急激に賭け金が増えていくことがないため、連敗しても損失が大きくなりにくいことから、心理的なプレッシャーも比較的少なめで済みます。
メモを取りながらベット額や損益の計算をする手間はありますが、負けの数が勝ちの数より多くても利益が出やすいメリットもあるので、試しに使ってみると良いと思います。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。