ウィリアムヒルでおすすめのスポーツベットランキング2

「ウィリアムヒルでおすすめのスポーツベットランキング?」で1位のサッカーと2位の夜野球をご紹介したので、今回も前回に引き続き、ランキング形式でウィリアムヒルでおすすめのスポーツベットをご紹介していきます。

【ウィリアムヒルでおすすめのスポーツベットランキング】
(3位 ラグビー)
最近ラグビーの人気は日本でも高まってきており、特に2019年に日本で開催が予定されているラグビーワールドカップは世界中から注目されています。
ウィリアムヒルではラグビーベットは2種類あり、ラグビーリーグとラグビーユニオンがあります。
それぞれのリーグでベットできる大会は時期によって異なりますが、ラグビーリーグは4大会以上、ラグビーユニオンは約7大会から12大会以上あるとされています。
ラグビーベッティングでは、すでにワールドカップの優勝国の予想ができるようになっています。
この他にも時期によって賭ける対象が豊富に揃えられているうえに、サッカーや野球などと同様に、どちらのチームが先に得点を入れるのか、ハンディキャップありでどちらのチームが勝つかなど、様々なオッズが用意されています。

(4位 テニス)
1位のサッカーや2位の野球などはスポーツベットの中でも特に人気がありますが、どちらもオフシーズンではオッズがかなり少なくなってしまうのが難点です。
それに比べてテニスはフルシーズンでベットすることができ、4大大会をはじめ、サッカーベッティングに劣らないくらい大会や試合に多くベッティングできます。
ベットできるテニスの大会は時期によりますが、33大会以上はあるとされています。
ウィリアムヒルにおけるテニスベッティングの特徴として、ライブベッティングの幅が広いことが挙げられます。
ライブベッティングとは、試合中にどちらの選手が勝つかなどをリアルタイムで予想できるベッティングのことで、試合の流れに応じてオッズが動く特徴があります。
4大大会の優勝者予想などのベッティングも豊富ですが、ライブベッティングでもぜひ遊んでみて欲しいと思います。

(5位 バスケットボール)
バスケットボールベッティングの魅力は、世界各地で開催されているバスケットボールリーグの試合を予想できることです。
ベットできる大会はNBAだけでなく、チェコやノルウェーなど、欧州のリーグにもベットすることができるため、19大会以上がベット対象となります。
バスケットボールは機動性が高く、得点の変化が激しいスポーツであるため、得失点差や勝敗、何点取るかなど、得点に関するオッズが多く用意されています。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。