ポーカーを楽しむなら覚えておきたい「役」

オンラインカジノで遊ぶならポーカーをプレイしてみたいと憧れを持っている初心者は多くいらっしゃいます。
ポーカーには役と呼ばれるカードの組み合わせが何種類もあり、それを駆使してゲームを楽しむため、事前に覚えておくことをおすすめします。
それではここからは、5枚の手札でプレイする一般的なポーカーを想定して、役について解説していきます。
ポーカーは同じ手札の場合は、個々のカードの強弱で勝敗が決まるルールとなっており、「2」が最も弱く、「A」が最も強いとされています。
手札は10種類あり、それぞれ発生確率が異なります。

1.ハイカード
5枚全てのカードがバラバラでペアも何もない状態を、ハイカードといいます。
ポーカーにおいて、ブタという言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、ブタとはこのハイカードを指したものです。
発生確率は約50%といわれています。

2.ワンペア
ワンペアは同じ数字のカードが2枚ある1つのペアと、異なる数字のカードが3枚ある状態のことをいいます。
発生確率は約42%です。

3.ツーペア
同じ数字の2枚組が2ペアと、それ以外の数字のカードが1枚ある状態の構成をツーペアといいます。
発生確率は4.75%です。

4.スリーカード(スリー・オブ・ア・カインド)
スリーカードとは、同じ数字のカードが3枚揃った役をいいます。
海外ではスリー・オブ・ア・カインドと呼ばれており、発生確率は約2%といわれています。

5.ストレート
連続した5つの数字のカードで構成された役は、ストレートと呼ばれています。
発生確率は約0.39%です。

6.フラッシュ
同じマークのカード5枚で作る役を、フラッシュといいます。
フラッシュはハート5枚かスペード5枚、クローバー5枚かダイヤ5枚の4パターンがあり、カードの数字は基本的に問われませんが、「A」の入ったフラッシュがフラッシュの中では最も強いとされています。
発生確率は約0.2%です。

7.フルハウス
同じ数字が3枚のスリーカードと、同じ数字が2枚のワンペアで構成された役をフルハウスといいます。
発生確率は約0.14%といわれています。

8.フォーカード(フォー・オブ・ア・カインド)
同じ数字が4枚揃った状態の役を、フォーカードといいます。
海外ではフォー・オブ・ア・カインドと呼ばれており、発生確率は0.024%です。

9.ストレートフラッシュ
連続した5つの数字のカードで構成されたストレートと、同じマーク5枚のフラッシュが組み合わさった役を、ストレートフラッシュといいます。
発生確率は約0.001%といわれています。

10.ロイヤルストレートフラッシュ
最強の役はロイヤルストレートフラッシュと呼ばれており、言葉を知っている人も多いと思います。
ロイヤルストレートフラッシュはストレートフラッシュの中で最も強い役であり、「10、J、Q、K、A」で構成されたストレートと、マークが揃っている状態を指します。
発生確率は約0.0001%と非常に低い確率であり、ロイヤルストレートフラッシュは出た日は何か良いことが起こりそうですね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。