スタッドポーカーが楽しめるおすすめカジノゲーム

スタッドポーカーは自分も相手も手札の一部を公開してプレイするため、狙っている役や役の強弱を推測しやすいという特徴があります。
今回は、このスタッドポーカーを楽しむことができるカジノゲームをご紹介していきたいと思います。

1.カリビアンスタッドポーカー
カリビアンスタッドポーカーは、ディーラーと勝負するタイプのポーカーです。
たとえプレイヤーが複数いたとしてもディーラーと1対1で勝負することになり、ANTE(アンティ)と書かれた場所にチップを置くことでゲーム参加となります。
まず、ディーラーが左側のプレイヤーからカードを伏せた状態で5枚ずつ配布し、最後にディーラー自身に5枚配布し、1番上のカードを表向きにしてプレイヤーに見せます。
プレイヤーは見せられた1枚のカードをもとにディーラーの役を予想し、勝てそうだと判断したらアンティの倍額を追加ベットします。
また、負けそうだと判断した時は降りることもできますが、その場合はアンティに置いたチップは没収されるため、負けるかもしれないと予想しても勝負に出た方が良いか、降りた方が良いかを判断する必要があります。
プレイヤー全員のアクションが終わったら、ディーラーは自分の役をプレイヤーに見せ、ゲームに残っているプレイヤーの役を順に開いていって勝敗を決します。
カリビアンスタッドポーカーではカードの追加や交換はなく、最初に配られた5枚のカードで勝負をするというシンプルさがあるため、初心者でもやりやすいと考えられます。
ただし、ディーラーの役が「A」と「K」が入ったハイカード、またはペア以上の役でなければゲームは成立しないため、ベットしたプレイヤーはアンティに賭けた分の1倍がもらえます。
また、追加でベットした分はそのまま戻ってきます。

2.スリーカードポーカー
スリーカードポーカーはディーラーと1対1の勝負をするポーカーで、手札として3枚のカードが配られ、それでできあがった役の高い方が勝ちとなります。
ちなみに、ディーラーのカードは全て伏せられた状態となっています。
プレイヤーの賭け方は、次の2つの方法があります。

・アンティにベットして、ディーラーと役の勝負をする。
・ペアプラスにベットして、特定の役が出た時に配当を獲得する。

賭けた後に、自分に配られた役を見て追加ベットをするか、降りるかを選択して勝負します。
ただし、ディーラーの手役が「Q」以上のハイカード、またはベア以上の役でなければゲームが成立しないため、アンティに賭けた分の配当金がもらえます。
また、追加ベットした分はそのまま戻ってきます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。