カジノの王様「バカラ」とはどんな遊び?その魅力とは?

カジノといえばどのようなゲームを想像するでしょうか?

映画のワンシーンのようなルーレットや、ディーラーや他のプレイヤーと遊ぶカードゲームを想像する人もいらっしゃるでしょう。

このように多くの人に知られていると共に、一度は遊んでみたい憧れのゲームの1つにバカラがあります。
バカラはカジノで最も古いゲームの1つであり、30年から40年前まで、バカラは1回の最低賭け金は100ドル以上が当たり前だったといわれており、ゲームで動く金額がブラックジャックやポーカーなど一般向けゲームより大きいことから金持ち専用のゲームとされ、カジノの王様と呼ばれていました。

しかし、最近ではミニマムベットが低くて遊びやすいテーブルが用意されており、そのためバカラを楽しむ人達の間口が広がってきています。

バカラがカジノの王様といわれている理由の1つに、ルールが簡単で遊びやすいことが挙げられると思います。

名前を聞いただけだとなんとなくルールが難しそうに聞こえますが、1/2の確率を賭けるという単純明快さから実際に覚えるべきルールは多くないため、バカラはカジノのテーブルゲームの中でも最も簡単であるともいわれています。

きちんとルールを理解してプレイすれば、コインの表裏を当てるゲームのように単純であると思えるのではないでしょうか?

ただ、このように単純明快で分かりやすいゲームだからこそ、プレイヤーが熱狂して高額のベットをしてしまう何かがあるのだともいえます。

実際のカジノのバカラのテーブルでは、世界各国のハイローラーやアジアの熱狂的なギャンブラーなどで席が常に埋まっているといわれており、バカラのために資金を一気に溶かしてしまうギャンブラーもいるくらい、人を狂わせる何かを持っているゲームともいえます。

バカラには、絞りというベット金額が最も高いプレイヤーがカードをめくる権利を獲得し、他のプレイヤーよりも先にゲームの勝敗を知ることができる特権や、ローカルルールなどといった演出があり、これらのことがバカラというゲームをより一層魅力的にしていることで、多くのギャンブラーを虜にする要因になっていると考えられます。

また、ミニマムベットが高額で絞りがあるといったバカラから、ミニマムベットが1,000円程度という少額からプレイすることができるミニバカラなど、様々なものが用意されています。
バカラやミニバカラではルールに違いがあるのでそこをきちんと確認することと、自分の資金や経験などを考慮してバカラの種類を選んでプレイすることをおすすめします。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。