多くの人が陥っている?スロットマシンに関する誤解2

スロットマシンは多くの人はプレイする分、誤解も意外と多いものです。

今回も多くの人が陥っている?スロットマシンに関する誤解? と同様に、スロットマシンに対してありがちな誤解についてご紹介していきたいと思うので、合わせて読んで参考にしていただきたいと思います。


■スロットマシンに対する誤解■

1.スロットマシンのボーナスゲームはほとんど変化しない
確かにそのように見える時もあるかもしれませんが、スロットマシンが基本的に乱数でランダムに結果が表示されています。
従って、ボーナスといっても小さいものである場合もあれば、大きなチャンスをもたらすボーナスゲームになることもあります。

2.プログレッシブジャックポットの当選確率は週末の方が高い
この仮説を信じている人は意外と多くいらっしゃるようです。
どうしてこのような仮説が出回るようになったかというと、週末にプレイする人が多くなることにより、週末の方がプログレッシブジャックポットの稼働率が高い分週末に当たるという風にみえるのかもしれません。
ただ、これは冷静に考えると、週末の稼働率が高い分負けている人も平日より多いということになるので、やはり信憑性は薄いと思います。

3.スロットマシンは勝てない
勝てないと断言するのは正しくありません。
オンラインカジノのスロットマシンは基本的に還元率が設定されており、その設定された還元率に基づいてランダムに配当が配られるという仕組みになっています。
ただ、誰にどれだけの返還がされるかはランダムジェネレーター次第というだけです。

4.高齢者の方がスロットマシンで浪費する
オンラインカジノではこの説は正しいとは言い難いと思います。
それは、オンラインカジノはパソコンやスマートフォンの操作に慣れていないとなかなかうまく遊ぶことができないからです。
なぜ高齢者の方がスロットマシンで浪費すると誤解されがちかというと、高齢者は自由時間が多いことがその理由かもしれません。
しかし実際は、勝ち負けに関わらず資金の限度を決めて、堅実に楽しんでいる高齢者は多くいらっしゃいます。

5.大当たりが出たばかりのスロットマシンは当たりが出ない
これはもしかしたら、プログレッシブジャックポットには当てはまるかもしれません。
プログレッシブジャックポットは一回大きなジャックポットが出た後は、再びジャックポットの金額が積み立てられていくからです。
また、変換賞金はランダムに分配されるため、すでに大当たりが出たからといって再び当たりが出ないとは限りません。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。